加圧シャツマッスルのサイズ選びについて徹底調査してみた

ダイエット目的で何かを着用する時には、サイズには十分気をつけたいものです。

多くの方々は、やや小さめなサイズの製品を着用していますが、それは禁物なのです。

そうではなく、やはりジャストサイズの衣類を選ぶのが望ましいです。そしてサイズに関しては、メーカー側としても表形式で明示してくれている事もあります。

まずはそれを確認し、自分に最適なサイズの加圧シャツを選ぶと良いでしょう。

適切なサイズのシャツを選ぶべき

そもそもシャツには、様々なサイズがある事だけは間違いありません。

市販のシャツを確認してみても、それは明らかです。SやMサイズなど、色々な種類が存在する訳です。

それを選ぶ際には、やはり適切なサイズである事が望ましいのです。

極端に大きなシャツになってしまうと、着用した時に違和感が生じてしまう事はあります。

また自分の体型より小さめなサイズですと、体が締め付けられている感覚があるので、小さめなサイズも望ましくありません。

自分の体重に合うシャツを選ぶ

ところで加圧シャツにも、様々な種類のサイズはあるのです。上述の市販のシャツのように、SやMなどのサイズがあります。

ところでシャツのサイズは、体重に左右される一面はあるのです。もちろん体重が重い方々でしたら、大きめのシャツを選ぶのが望ましいです。

最適なサイズの加圧シャツを選ぶ時には、その体重が1つの基準になります。

例えば現時点での体重が、90kgだとします。その重さであるにもかかわらず、Sサイズの加圧シャツは選ぶべきではありません。

明らかにきついサイズになってしまいますので、トレーニング効果が限定されてしまう傾向があります。

逆に体重が60kg前後の方々は、やはりLサイズなどのシャツは選ぶべきではないのです。

極端に大きなサイズですと、肝心の胸筋などに対する負担が生じませんから、やはりトレーニングの効果は限定されてしまうのです。

あくまでも、自分の体重にマッチする加圧シャツを選ぶべきでしょう。

メーカーの一覧表に目を通す

ところで上述の体重とシャツのサイズの相関関係については、メーカー側が明示してくれている事もあります。

たいていは一覧表の形式になっていて、どの体重がどのサイズに最適なのかも、一目で分かる状態になっているのです。

基本的には、その一覧表に目を通しておく方が、最適なサイズの加圧シャツも選びやすくなります。

ですから自分にフィットする加圧シャツを選びたい時には、まずはメーカーの表などを確認しておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です